山口市 コンテナハウス 子供室付ガレージ仕様 仕上げ工程

2017年04月15日 ㈱山田設計

いよいよコンテナハウスが、仕上げ段階に入りました

基礎養生期間が終了し、コンテナの設置から約20日で仕上げ工事へ進み

工事期間が短いのも、コンテナハウスの特徴です

地震や台風が来ようが、びくっともしません



外壁工事も順調に進み、塗装工事の下塗り中



塗装色は、白色ですが少しアイボリーが効いた、おとなしい色です



芝生広場に面した、側面の外壁部分です



施主様が大きな開口部が必要ということで、アルミシャッターを取り付けました

全面は芝生の広ーいお庭があり、シャッター全開で家族BBQをされることでしょう

楽しみです!

山口市 コンテナハウス 子供室付ガレージ仕様 屋根工事完了

2017年04月9日 ㈱山田設計

屋根木地組工事も完了し、ガルバリューム波板工事へと進みました

木材をコンテナにボルトで頑丈に固定します



小屋梁は約1mピッチで配置、専用金物で桁に固定します


ガルバリューム波板を施工、結露防止の準不燃断熱材付仕様



内装工事も同時並行で進んでいます


内装下地は軽量鉄骨の下地、プラスターボードクロス仕上げ

床はフローリング仕上げ



ガルバリュームの屋根施工が終わった外観



コンテナの設置から2週間というスピードで屋根工事が完了

スピード施工もコンテナハウスの特徴です



これから外壁工事へと進みます、お楽しみに!

山口市 コンテナハウス 子供室付ガレージ仕様 鉄骨工事完了

2017年04月4日 ㈱山田設計

コンテナの剛性を持たせる、重要な鉄骨工事が完了しました

コンテナとコンテナを重量鉄骨で繋ぎ、1つの構造物として強度を確保します



鉄骨工事完了、コンテナ同士は、ガチッ!ガチッ!



次は、屋根工事へと入ります



屋根は、ギャングネイルを使用した、木造トラス構造

長いスパンを開け、屋根施工ることが可能です



開口部には、アルミサッシュも取り付き、建物らしくなってきました。



トラス構造なので、屋根は自由自在に作成可能



次の行程は、屋根のガルバリューム張りへと進みます

お楽しみに!

山口市 コンテナハウス 子供室付ガレージ仕様 コンテナ設置完了

2017年03月26日 ㈱山田設計

天気も良く、コンテナ設置作業に最高のコンディション

無事、博多コンテナヤードよりコンテナが届きました。

敷地に余裕がありましたので、25トンレッカーで作業開始



1台目のコンテナが無事設置完了



2代目も順調に進みます



設置後は、コンテナのレベルをチェック、1ミリ単位で調整をします



低いところはSUSライナーを敷き、精密に調整



無事、設置も完了

次は、アルミサッシュの取り付けへと進みます!

長門市仙崎青海島 浜茶屋 三貴様 コンテナハウス 新築工事

2017年03月24日 ㈱山田設計

長門市仙崎青海島のビーチ沿いに、コンテナハウスcafeを新築します。

対岸には、日置の矢ケ浦山と千畳敷を望む、幻想的なサンセットが売りの場所です。

サンライズも楽しめますが、施主様はビーチ側前面のウッドデッキでドリンク片手に

サンセットに包まれ、ゆっくりくつろいで頂ける場所をお客様に提供したい、と言う

要望で設計・建築させて頂きます。


以前この場所は丸い小石が広がった綺麗な浜辺だったそうですが、防潮堤が築堤され

現状のようになったそうです。

昆布でも干してあったら、北海道と間違えそうな風景で、個人的には大好きな風景です。



この場所に、20ftコンテナ2台(一部重量鉄骨構造)で、海が臨めるよう地面より

基礎を立ち上げ、高床で建築をします。

建物前面にウッドデッキを設け、両サイドの客席からもデッキに行ける動線で

設計しました。



予定では、5月に入り着工します。

進捗状況を随時ブログで更新しますので、楽しみにしてください!

 

山口市 コンテナハウス 子供室付ガレージ仕様 基礎工事完了

2017年03月22日 ㈱山田設計

山口市 コンテナハウス 基礎工事が完了しました。

化粧打ち放し仕上げ、型枠が塗装コンパネを使用しての仕上げと言うことで、

表面の仕上がりが、ツルツル滑らかに仕上がりました。

左右の布基礎部分に、強固なアンカーボルトにてコンテナを設置します。


構造耐力上一体化しなければいけないので、コンテナ間を重量鉄骨で緊結し、

1つの建築物としての強度を確保します。

台風はもちろん、地震に対しても十分耐えうる、頑丈な建築物となります。


コンテナ設置状況も、随時更新していきますので是非お楽しみに!

山口市 コンテナハウス 子供室付ガレージ仕様 新築工事

2017年03月17日 ㈱山田設計

山口市内に、H様邸 子供室付ガレージコンテナハウスの新築工事に着工しました。

20ftコンテナを2台設置、両コンテナの間に鉄骨増で空間を作る工法です。

床面積は約65㎡、ガレージには普通車2台が楽に駐車でき、両サイドのコンテナはトイレ

工具置場、子供部屋、窓はYKK滑り出し窓、シャッターは、三和シャッターの新商品、

キャンディネオ、オークの木目調の電動式オーバースライダーを使用します。



水盛遣り方も終わり、鋤取り、整地砕石転圧、捨コン型枠そして打設へと進みます。



墨だしも終わり、いよいよ躯体の型枠と鉄筋組立へと進みます



型枠・鉄筋工事が完了



基礎、コンテナ部分はスティック基礎、駐車場鉄骨造部分はべた基礎としてます

土間クラック防止のため、鉄筋もD10-@250の配筋で施工します



いよいよコンクリートの打設です





天気も良く無事コンクリート打設終了、養生期間をおき、次はいよいよ

コンテナの設置です、随時更新しますのでお楽しみに!

 

山口市 T様邸 増改築完成

2017年03月17日 ㈱山田設計

昨年末より、ブログの更新を休んでおり、本当に申し訳ございませんでした。

11月に、山口市、T様邸の増改築工事が終了をしました。

タカラユニットバスを使用して、乾式浴室の出来上がりです。



タカラUBは、フレームがとても丈夫で、専門的立場から見て他社製品と比べても

剛性が十分あります。

デザインも豊富にバリエーションがあるので、お客様のご要望に十分対応できます。

洗面化粧台も取り付け完了



アルミサッシは、YKKのカバー工法にて取替え完了



今回の増改築はお客様のご要望で、水周り製品すべてタカラ製品で施工をさせて頂きました。

初めてのメーカー使用と言うことで少し不安がありましたが、新規のお客さんにも選択肢の

一つとして勧めていこうと思います。

 

山口市 T様邸 増改築工事 着工

2016年10月14日 ㈱山田設計, 中古コンテナ情報

山口市小郡、T様邸の増改築工事に着手します

工事内容は、浴室にユニットバスを設置・電気温水器をエコキュートに取替え

サッシを取替え・フローリングとクロスの張り替えを行います

浴室UB・エコキュート・洗面化粧台はタカラスタンダード製

サッシはYKKを使用します

 

タカラUBはぴったりサイズなので、壁スレスレまで設置ができ

スペースを有効に使用する事ができます

before

008

窓は、今ある窓枠に新しい窓をかぶせて取付けるカバー工法で施工

YKKのかんたんマドリモを使用します

before

011

水廻りの改装工事と言うことで、施主様にご迷惑をおかけする期間を短くする

必要があるため、工期は10日前後で仕上げます

 

随時、ブログを更新しますので、変わりゆく様子をお楽しみに

ちなみに、着工は11月10日前後です

 

 

祝 宇部市 多世代交流スペース オープン

2016年09月19日 ㈱山田設計

宇部市多世代交流スペースが、9月19日にオープンしました

若者や子育て、高齢者などの多世代が気軽に集い、交流し、

賑わいを創出する場として、旧銀天街アーケード跡地そばに

誕生しました

007
オープンイベント当日は、台風16号の北上に伴う影響で曇り空の中、

老若男女問わず、子供ずれの家族が大勢集まりました

008

多世代交流スペースは、5つのゾーンで構成されています

1:起業・創造支援カフェ

2:トイレ棟

3:コミュニティーガーデン

4:こどもすくすくコンテナ

5:しばふひろば

019

018

写真は、こどもすくすくコンテナとカフェ棟を望みます

009

カフェのサインボードも洒落ています

014

 

写真は、トイレ等棟とコミュニティーガーデンを望みます

トイレ棟には、コンテナを一段と引き立てる

花柄をデザインしたモチーフが描かれています

017

中央部には井戸が掘られて、昔ながらの手押しポンプが設置されています

011

子供たちが珍しそうに、汲み上げていました

010

前面のしばふ広場にも大勢の人が

012

宇部市は今大企業の衰退や産業構造の変化、また人口減少や高齢化、車社会等の社会的構造の変化や消費者の購買行動の変化、そして大型店の郊外出店、等々の社会的複合的な要因により中心部の空洞化が進み、商業店舗数、販売額も減少傾向が止まらない状況にあります

宇部市の顔でもある中心市街地を、市民が生き生きと輝き、安心して暮らすことのできる、コンパクトでにぎわいのあるまちとすることを目指した、中心市街地活性化が大変重要となります。

本工事に携わり3か月と言う短い時間ではありましたが、元請け業者さん、下請けの業者さん、市役所の方々に色々とご迷惑をかけなが、ここに完成を迎えることができました

中心市街地活性化を実現するための多世代交流スペースと言う、小さな小さな手段ではありますが、人が集まれば、子どもたちが〝行きたい〞と言う、若い親世代も必ず来てくれるはずです

商店街の魅力が高まれば、周辺に定住してくれる人も増えます、

多世代交流スペースは、中心市街地活性化に向けた小さい第一歩かもしれませんが、

必ず次世代を担う子供たちが、大きな大きな第一歩の足跡を、いっぱいいっぱい

付けてくれることでしょう、楽しみです

皆さんも是非お立ち寄りください